マーブル美術館
PROFILE GALLERY LINKS INFO
全国の美術館   画材屋  

北海道新聞より
傘寿記念風景画カレンダー刊行
北の風貌を描くT 竹洞照雄の世界

− カレンダー発行によせて −

 1986年(昭和60年)還暦を迎えようとした時、そこから人生を大切に意義ある活動を痛感するようになりました。 
還暦記念では、1985年の滝川の街を描き残しておこうと、画集(たきかわ百景)を1000冊自費出版しました。また滝川をPRした音楽がないのも気になり作詞し、プロの先生に作曲、歌手を依頼(ハローナイスたきかわ)のレコード化が実現、滝川市、商工会議所に寄贈しました。70歳の古希には、札幌市で、第11回個展を77歳の喜寿には、日頃崇拝親交の書家斎藤露石先生が還暦を迎えられたことで二人の世界展を開催出来ました。(たきかわ百景)の祝宴で、「今度は北海道百景ですね」と多くの方よりご発言がありました。その時はお応えしませんでしたが、以前より仕事で全道を巡回する機会があり、自然の宝庫と言われた北海道にも失われていく姿を自分の目で実感した時、画家として描き残す事を決意し現在に至っております。

今回傘寿を迎え、かねてより新たな試みを思考しておりました。私は自分の作品の散逸を好ましくないと考えておりましたので、画集として、またお部屋に飾られるものとして、カレンダーを発行することに辿りつきました。表紙カバーを含めて毎月新しい絵が年間13点づつ鑑賞出来るものと思います。叶うものなら次の節目の米寿を迎えるまで、毎年確信のもてる作品13点を発表しご提供を続ける方針です。画業58年、竹洞芸術の北の風貌をご清鑑賜り北海道の自然の美しさを再認識下さいます様、期待とお願いをこめてご挨拶といたします。

平成16年11月吉日 竹洞照雄
戻る

SITEMAP
このホームページに記載のイラスト・写真・その他のコンテンツの無断転載を禁じます。
(c) marble museum. 2007 all rights reserved.